静止立位検査下肢荷重検査

 

プレートに両足肩幅で乗り、足底圧力の分布状態を検査をします。
検査時間内の平均圧力データを静止画として表示します。

 
基本画面
圧力分布の色分け表示や前後左右バランスを%表示します。
接地状態を分析しアーチの種類の確認も行えます。
バランス表示
前後・左右のバランスを数値化して表示します。
3D表示
3D画面での説明は足底の接地状態をリアルに再現し、
被験者の理解度を高めます。
数値表示
色分けされた圧力分布を更に数値化します。(1~9段階)

歩行検査フォースプレート分析

 

片方ずつの足でプレートを踏んで歩行し検査します。
圧力中心線の軌跡や歩行周期を動画で記録できます。

 
計測画面
足長、足幅、角度の計測が行えます。圧力中心線の軌跡から回内足、回外足等の
歩行異常の分析が行えます。
フレーム分布
歩行時の接地状態を0.06秒毎のコマ送りにしたデータです。左右のフレーム数の違いから被験者へ
荷重時間の差を視覚的に説明する事が出来ます。
歩行周期
歩行周期を時間観察します。
同時期の左右の足を比較対照します。

平衡機能検査重心動揺計

 

静止立位状態での重心動揺軌跡を動画で記録する事ができます。

 
重心動揺検査
重心の動揺奇跡を動画で経過観察や記録ができます。
動画で記録出来る事により、重心動揺計以外の用途にも
使用でき、各機能訓練の現場でも経過観察に活用できます。
グラフ
重心線の軌跡をグラフ化し分析します。

主な検査項目 D250 平衡機能検査

下肢加重検査 250点
○左右足の荷重量を記録・分析し、左右下肢のバランスを静的に評価します。
○整形外科学的疾患・リハビリテーション対象疾患・脳血管系疾患・
 脳外科学的疾患・神経科学的疾患等の評価
フォースプレート分析 250点
○歩行時の動的な分析、評価を行います。
重心動揺計 250点
○外周面積・矩形面積・実行値面積
○総軌跡長・単位軌跡長・単位面積軌跡長
○動揺中心変位
○ロンベルグ率
○めまい・平衡障害や機能回復訓練の評価

仕 様

商品画像
クラス分類Ⅰ種 一般医療機器
類別コード・名称機械器具(24)知覚検査又は
運動機能検査用器具のうち平衡機能計
一般的名称・コード平衡機能計 17242001
販売名ゲート・ビュー UGA-526
医療機器届出番号11B2X10018000002号
型番UGA-526
電源電圧ACアダプター
外形寸法L700×W500×H45mm
測定範囲410×410mm
重量4.8Kg
センサータイプ48×48 マトリックスセンサー
センサーサイズ0.73c㎡
センサー厚み0.15mm
センサー個数2,304個(48個×48個)
動作温度-40℃ 〜 85℃
耐荷重量100N/c㎡(1kg=9.8N)
インターフェイスUSB 2.0
外部電源5V
計測回数類別コード・名称
クラス分類≧86回/秒
アナログ→デジタル変換 16ビット

ソフトウェア動作推奨環境


OSMicrosoft Windows 7(32・64bit)・VISTA・XP
CPUIntel Pentium 4またはCeleron 1.3GHz以上
メモリ容量512MB以上
画面1024x768ドット/32bitカラー表示が可能なディスプレイ
ハードディスク500MB以上(インストール:50MB)
必要容量USBUSB2.0

※すべてのパソコン環境について動作を保証するものではありません。
※Macintosh、Windows8には対応しておりません。
※Windowsは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Pentiumは米国intel社の登録商標です。
※仕様及び外観は、予告無く変更する場合があります。予めご了承下さい。
※このカタログの記載内容は2014年3月10日現在のものです。